レディー

nlpをdvdで学んで自分をコントロールできるようになろう

会社の運営に関与する知財

講義

セミナーの種類で知財戦略セミナーというものがあります。「知財」とは知的財産の略です。その内容というのは、会社が生み出した知的財産の活用方法や保管方法といったものです。例えば、企画開発途中である資料が外部に漏れてしまうと、その内容に模倣したような商品を先に販売されてしまうといった危険性があります。そのような自体をなくすためには、そのアイデアを特許出願して会社独自の権利化を行なうか、情報漏洩をしないための対策を講じることが必要なのです。
知財戦略セミナーは教室などを借りて開かれ、テキストを用いた座学形式などで行われることがほとんどです。知財戦略セミナーの受講料は無料のものや有料のものも存在します。セミナー受講の申込みは、メールなどでお申込みができます。

企業内の情報が外部に漏れることで起きる損害は企画ごとに違い、数百億円から約1000億円ほどのものになります。情報が漏洩すると、今までその企画につぎ込んできた費用や時間が全て水の泡となってしまいます。また、最近のデータ管理は紙面からインターネットでの管理に変わりつつあります。紙面などと違って紛失などのリスクがなくなりますが、パソコンを使って悪意ある人間が外部に漏らしてしまう可能性もあります。そういった自体を防ぐためには、パスワード保護や暗号化をすることを忘れてはなりません。情報の漏洩は必ずしも社内からとは限りません。退職後の人物が情報漏洩をする可能性もあります。そのため、入社当初の契約時に守秘義務の契約を交わすことが大切です。